鹿肉の特徴

鹿肉は低カロリーなのに高タンパク、さらに鉄分などのミネラルが大変豊富です。アレルギー疾患を引き起こすアレルゲン含有量も低く、非常に優れた健康食品です。


その1 低カロリー

 カロリーは牛肉の3分の1程度しかありません。

 味もさっぱりとしていて、食べやすいことが特徴

 です。

 

その2 低脂肪

 脂質は牛肉の86分の1と大変ヘルシーなお肉です。

 ダイエット食品としても注目されています。

 

その3 高たんぱく

 高たんぱくで知られている、鶏のササミと同等の

 たんぱく質を保有しています。

 

その4 鉄分が豊富

 レバーや貝と同レベルの鉄分やミネラルを含んで

 おり、特に最近「隠れ貧血」で話題になっている

 ヘム鉄が豊富です。

                          100g当たり

食品名

エネルギー(kcal)

蛋白質(g )

脂質(g)

鉄(g)  備考
野生日本鹿

90

21.9

0.3

4.6 背ロース
和牛 317 17.1 25.8 2.0 サーロイン赤肉
150

22.7

5.6 0.7 ロース赤肉
105 23.0 0.8 0.2 ささみ
牛レバー 132 19.6 3.7 4.0  
106 24.1 0.4 2.5 赤肉
クロマグロ 125 26.4 1.4 1.1 赤身
あさり 30 6.0 0.3 3.8  
納豆 200 16.5 10.0 3.3  

※野生日本鹿は (株)丹波姫もみじ が、(財)日本食品分析センター に

 依頼した結果

※その他は五訂増補日本食品標準成分表より